2009年08月06日

ロー率を上げた要因@ 「摂取する糖質が鍵!」

ナチュラル・ハイジーンを始めた当初、
困惑したことがあります。
それは、炭水化物の選択でした。

「フィット・フォー・ライフ」

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

  • 作者: ハーヴィー・ダイアモンド
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2006/04/08
  • メディア: 単行本




「常識破りの超健康革命」

だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命

だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命

  • 作者: 松田 麻美子
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本




「女性のためのナチュラル・ハイジーン」

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!

  • 作者: 松田 麻美子
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2007/10/20
  • メディア: 単行本




「50代からの超健康革命」

50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために

50代からの超健康革命―「第二の人生」を幸福に過ごすために

  • 作者: 松田 麻美子
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本




「フルモニ!」

フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言

フルモニ!フルーツ・モーニング―超健康ダイエット宣言

  • 作者: 日本ナチュラルハイジーン普及協会
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本




「子供たちは何を食べればいいのか」

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!

  • 作者: 松田 麻美子
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 単行本




などなど、
ナチュラル・ハイジーン関連の本には、
炭水化物について、
“全粒粉のパンかパスタ、もしくは玄米か蕎麦に変更する”
と言う記載があるのみでした。

しかし、
以前から加熱食のおかず(主に豆腐や野菜の煮もの)に
玄米か蕎麦、そしてドレッシングをかけないサラダ、
と言った精進料理のようなメニューであった私には、
ナチュハイを始めたからと言って、
加熱食のおかずに使用する調味料が変わったことと、
サラダのボリュームが多くなったこと位で、
食事については別段、
以前より激変した点はなかったのです。

しかし、
ブランチがフルーツ・オンリーになっただけに、
夕食後、1日の炭水化物の摂取量が少なくなった気がして、
必ずクッキーを少し摘ままないと
何だか、物足りないようになってしまいました。

炭水化物を増やして、
もっとお腹を膨らませないといけないのかと、
量を増やしても、ダメ。

じゃ、質か?と、
十割蕎麦を選んでも、
全粒粉100%のパンを食べても、
サツマイモやカボチャの蒸したものにしても、
加熱食であるおかずを止めても、
この物足りなさはつきまとい、
食後クッキーを摘まむ癖は治りませんでした
正に、“別腹”。

胃腸が悪い私にとって、
今から1日3食に変えるのも
しんどいし・・・

「これでは以前よりヘルシーじゃないではないか!」
とストイックな性格な私は、
自責の念を抱え、悶々と悩み、
「では、全て生のものを食べると言う
ローフードの人達は炭水化物をどうして
摂取しているんだろう?」
と好奇心が湧き、ローフードの
本やレシピやブログを読み漁りました。

ローフードでは
生のナッツ類や種子類を
どうもパンにしたりトルティーヤにしたりしている
ようで
米や小麦は未精製であっても、
生で食べる、と言うことはしないようです。
(時折生玄米をそのまま食べる方や、
玄米ヨーグルトを作って食べられている方も見かけますが)

炭水化物と呼ばれているものは、
どの地でも
「主食」
と認識されています。

何処へ行っても
大まかに言うと、
「米・パン・麺」と言った穀物「主食」で、
必ず出されます。
たまにイモ類豆類などもありますが、
全ては、加熱しないと
食べにくいものばかり
です。

そうか、ローフードの「主食」は
ナッツ類や種子類っぽいな、
と思った私ですが、
残念なことに、
私の大嫌いで体に合わないナッツ類や種子類を
今までの穀類に代わるような「主食」にするなんて
全く出来ない話です。

結局、元の加熱しないと食べられない
炭水化物(穀物)しか
「主食」としての選択の余地がない
ことに
なってしまいました。

加熱食のおかずを止めれてきた頃になっても、
加熱された炭水化物を食べた後は
やはり食後何か甘いものを
摘まみたくなるのは変わりませんでした。

食後の甘いものを摘まむ癖を止めれても、
ロー率が比例して上がる訳でもなく、
体調や気分が実践者の方々が口にされるような
「パワーがみなぎる」
「人生が変わった程元気ハツラツになる」
と言った類の変化は勿論、気配すら、
私にはまだまだ感じられませんでした。

炭水化物が加熱されたものだから
悪いのか?と思い、
炭水化物を止めようともしました。

しかし、そうすると、
甘い味が欲しくなります。
食事時に口の中が
炭水化物のあの独特の甘さを感じないと、
落ち着かない
のです。

ズシン、と胃にかかる重さがないと、
「お腹がいっぱい」
と思えなかった
し、
仕事を1日頑張ってして帰り、
大好きな甘いものも止め、
コーヒーとコーラも止めたのに、
これ以上楽しみが全く
なくなってしまう
と、
哀しみさえ感じました。

そんな時、
「低血糖症」と言う病気の情報を
立ち読みしたコンビニの雑誌で
知りました。

それが私のナチュハイ生活に、
いや、人生そのものに
変化をもたらす
とは、
思いもしませんでした。

〜長い話なので、つづく〜


にほんブログ村に参加しています。
こちらにはナチュハイやローフードを
されている方の情報が盛り沢山です♪
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
posted by Ringosta at 13:16| Comment(8) | TrackBack(0) | ナチュハイ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^
私も最近、低血糖症の本を読んでから真剣に考えるようになって、色々と模索中なんです☆
低血糖症という病気を知ってはいたものの、あまりピンと来てなくて特に意識していなかったのですが、やっぱりこれは私にとって大きな問題だったと気づきました。
続きの話も楽しみにしています♪

Posted by marron at 2009年08月06日 21:09
まっておりました!
おお、
つづくという言葉、魅力的ですね^^
うう、引き込まれます、早く続きが知りたいです^^
Posted by 山鳩 at 2009年08月06日 22:04
marronさん

こんにちは〜!
コメントありがとうございます^−^

そう、低血糖症はmarronさんのように
真剣に考えるようになられたり、
健康意識が高い方にしか、まだ知られていないマイナーなものですが
日本いや、豊かな国の人々にとって
切実な問題だと私は思っています!


>やっぱりこれは私にとって大きな問題だったと気づきました。

私もです!どんなに知らず知らず苦しんできたんだろうか、と切羽詰った問題であることに
今更気付いた次第です。
この記事は私みたいに
苦しんだ方をこれ以上作りたくない一心で
余り読んで頂けないような重い内容になりそうだとは言え、
書かずにはいられない内容なのです!!!

>続きの話も楽しみにしています♪

ありがとうございます〜;_;
重いし長ったらしくなりそうな内容で
敬遠されるかと思っていたのに、
心強いコメント頂きまして
心から感謝申し上げます★

またいつでも遊びにいらして下さいね。
心待ちにしております。
また、marronさんのブログにも
お邪魔させて頂きますね〜!
Posted by Ringosta at 2009年08月07日 15:16
山鳩さん^−^!

やっと!!!
書けました〜(その@だけですが)

すいません、お待たせして・・・
しかも、「つづく」で
またまたお待たせして申し訳ありません>_<!

メールのお返事も出来ないままで
申し訳ありません!

ナッツ達、お嫁入り準備させていますので
明日には必ず発送致しますね〜!

卑貧Ringosta拝
Posted by Ringosta at 2009年08月07日 15:23
またまた興味深いテーマですね。
「低血糖症」・・・これまでは「言葉は聞いたことあるなー」程度の認識でしたが、Ringostaさんの記事を読んで詳しく知りたくなりました。
私も炭水化物が大好きだったから、思い当たる節がいっぱい!
ローを始めてからも皆さんのように特に
「パワーがみなぎって別人のように元気ハツラツに!」とか
「じっとしていられなくて運動したくてたまらない!」とか
ま〜ったく思わないので、不思議だなーと思っていたのです。
その秘密は低血糖症にあったのかも・・・
このお話、続きはどうなるのか?楽しみです^^
Posted by ひよこ at 2009年08月08日 10:17
Ringostaさん、はじめまして。この春にローフードに出会い少しずつ実践中のヒナと申します。
記事の中の、「食事については別段、以前より激変した点はなかったのです」「クッキーを少しつままないと〜」にとっても共感してしまいました。
いまの私の悩みは、やっぱりちょっと物足りない気がするという理由(&体重を減らしたくないという理由)から何か摘まみたいということなので・・
続き楽しみにしております!
Posted by ヒナ at 2009年08月08日 20:41
ひよこさん^−^!

こんばんは〜!
6日にALL FREE DAYがあり、死に掛けていた
Ringostaです。
パートA、先程やっとアップ出来ました・・・
ひよこさんのブログにもお邪魔できてないままでごめんなさい!

>ローを始めてからも皆さんのように特に
「パワーがみなぎって別人のように元気ハツラツに!」とか
「じっとしていられなくて運動したくてたまらない!」とか
ま〜ったく思わないので、不思議だなーと思っていたのです。

ひよこさんもでしたか!
炭水化物がお好きだったなら
疑って良さそうですね。
そう〜、ナチュハイをするからには
「パワーがみなぎるように元気!」
になりたいですよね!
私はそれに憧れていて、ずっと悩んでいました。
まだ私も始めて半年の身ですが、
それでも「おっ!変化あり!」と
思えてきたので、記事にしました^−^
ひよこさんや皆さんのヒントになれば
幸いです★

またブログにお邪魔しますね〜!
いつもありがとうございます^−^♪
Posted by Ringosta at 2009年08月09日 18:42
ヒナさん

はじめまして!
コメント頂きありがとうございます!

>記事の中の、「食事については別段、以前より激変した点はなかったのです」「クッキーを少しつままないと〜」にとっても共感してしまいました。

私だけかと思ってました〜!
お役に立てると嬉しいです・・・;_;!

>いまの私の悩みは、やっぱりちょっと物足りない気がするという理由(&体重を減らしたくないという理由)から何か摘まみたいということなので・・

悩みますよね〜
自分で良いと思って始めたことなのに、
この物足りなさは何?って。
私は摘まみたいのも、フルーツとかじゃないから
余計自分を責めちゃったりしてました。

ヒナさんは
体重を落とされたくないとのこと・・・
ナッツ類は食べられますか?
ナッツ類を摘まんでも、物足りなさは
感じますか?
(私はナッツが選択肢になかったので
その辺知りたいのです)
もし良かったらまた教えてください。

またいつでも遊びに来てくださいね!
心待ちにしております★
ヒナさんのナチュハイ生活、応援してます!
Posted by Ringosta at 2009年08月09日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125123411

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。