2009年08月11日

ロー率を上げた要因B 「フルーツのおかげ」

低血糖症の治療には
たんぱく質の摂取量を増やすこと
不足している栄養素をサプリメントで補うこと
などが挙げられています。

ここで推奨されるたんぱく質と言うのは
勿論、“一般的な”栄養学の話で、
肉や魚、卵などの動物性のたんぱく質なのです。

ナッツ類や種子類のたんぱく質を勧められているなら
まだしも、消化時、同様の栄養が奪われていくと
言われる動物性たんぱく質を推奨する治療法には
不安が過ぎりました。

更に、低血糖症の人に足りない栄養素とは
主にビタミンB鉄分カルシウム亜鉛などの栄養素だそうです。
確かに、甘いものを摂ると
代謝の為に多くの鉄分やカルシウムなどを
失います
ので、
甘いもの中毒の低血糖症の人は
慢性的な栄養失調だと
指摘されるのは納得がいきますが、
サプリメントと言う化学的なもので補うことを推奨されるのは
全く納得がいきません。

薬じゃないから安心だと触れ込んでおきながら
入ったら同じ化学物質であるサプリメントを処方されるなんて、
ボッタクリ・バーみたいじゃないですか!

サプリメントは肝臓や腎臓に弊害があることで有名ですが、
それを承諾したとして、100歩譲って服用したとしても
止めてしまえば低血糖症の症状が出ると言う話ではないか?
結局「根本的な治療」にはならないのです。

生まれ持った特異な体質の為の処方であれば
致し方ないのかも知れませんが、
私は少なくともこの症状は後天的なものだと
思っているので、
元の自分の体質に戻すだけの話であるなら、
“間違い“であった習慣に気付き、
それを正すだけで充分
だと思ったのです。

自分の今までの“間違い”にはもう気付けたのです。
それなら、もうあとは自覚を持って
自分で改めれば良いのだと思いました。

それで、甘いものとの決別を決意した訳です。
足りない栄養素は自然の中から、
自然な形で摂ろうと決めました。

調べてみると、たんぱく質もビタミンBも
鉄分も亜鉛も、
全てフルーツや生野菜の中に豊富に含まれていました。
それに糖だって含まれていました。

灯台下暗し!
全てバランス良く含まれているのが
フルーツだったなんて・・・!

しかもフルーツに含まれている糖は
炭水化物や糖分に含まれる糖質とは
種類が違うのです。
まず分子の形が違って、他の糖質より
かなり大きな分子でフルクトース(果糖)と言われます。
大きな分子なので、消化吸収時には
ゆっくりと、血液中に吸収され、
血糖値に影響がない糖質なのだそうです。
つまりインシュリンホルモンも
必要とされない糖質
であるのです。
糖代謝に必要なビタミンBやカルシウムを
必要ともしない糖質であるばかりか、
逆に
多くのビタミンやカルシウムを体に与えてくれるのです。

追い討ちをかけるように、
「フィット・フォー・ライフ」にこう書かれていました。

“不思議に思えるかもしれないが、
果物こそ最も効果的に、
そして最も効率よく低血糖症を
克服してくれる食べ物
なのである。
その症状を抑えてくれるという意味ではない。
果物はその原因を取り除いてくれるので、
症状は決して現れない
という意味である。

血液の中へは、絶対に正しい種類の糖が
摂取されなければならない。
加工された糖はどんな種類のものにしろ、
状況をさらに悪くしてしまうだけである。
脳の必要を満たす糖は、
新鮮な果物の中にある糖
なのだ。
それは果糖と呼ばれ、体内において
どんな炭水化物よりも速く
ブドウ糖に変わるものである。

長年の間、低血糖症の苦痛から
開放されずにきた人たちにとって、
この話はあまりにも単純すぎるように聞こえるかもしれない。
しかし、私の手元には、長年にわたって
低血糖症で悩んできた人々の病歴記録があり、
多くの人々が「フィット・フォー・ライフ」の
プログラムによりこの苦痛に
別れを告げたことが記されている。”(p.278〜280)


フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

  • 作者: ハーヴィー・ダイアモンド
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2006/04/08
  • メディア: 単行本






完璧!
迷わずに、私は1週間とりあえずフルーツを「主食」に
実験をしてみよう、と決意しました。

実験したのは2009年5月半ば、
ナチュラル・ハイジーンに出逢ってから
半年に近い頃でした。

実験内容は、
玄米もおかずもなし、
フルーツを沢山食べ、野菜も調理を加えず
そのまま食べました。

少しでも手を加えると甘え心が出てしまう、と思い、
フルーツも、野菜も、
洗ってドカッと大皿に載せて、
テーブルの上で皮をむいたり、ヘタを取って、
手で口に運びました。

野菜やフルーツの種類は何でも良い、と
決めました。
ただ炭水化物量や糖分量が著しく多い
イモ系とドライフルーツはパスしました。

2日程は、これまでの中毒症状のせいか、
イライラして、頭が割れるように痛かったです。
動きや思考が鈍くなり、
ただただ寝転んでいるしか出来ませんでした。

頭の中に、私の人生の恋人だった
チョコレートやクッキーが何度も
浮かんできては、ウインクしてきます。
お米や蕎麦が
哀しそうにガックリとうなだれた姿をして
浮かんでもきました。

歯茎がたまらなく痒くなり、
耳鳴りもしてきました。
全ての音が一斉に自分に襲い掛かってきて、
気が狂いそうで、
慌てて自分に問いかけようと覗き込んだ鏡の中にも
血の気がなく、目の下にくっきりとクマを作った
弱々しい自分がいます。
鏡の中の自分でさえ
「ねぇ、ちょっとは炭水化物摂った方が良さそうよ?」
と語りかけているように感じました。

もう、自分でさえ当てにならない!
と思った私は、とにかく
フルーツとだけ向き合うようにしました。
1日4〜5回は口にしていたと思います。

皮をむいて、滴り落ちる汁を手でも舌でも感じ、
徐々に香りをも味わえるようになり、
咀嚼の音を聞け、
ひたすらフルーツを
五感で感じるようにしました。

私がその時思い描いている、パンチのある
甘さではなかったけれど、
野菜よりは甘かったので、
フルーツを自然と選ぶようになっていました。

全然物足りない甘さではあったけれど、
惨めな自分と唯一寄り添ってくれる存在でした。

こうして中毒症状と闘い続けた3日め辺りからは、
症状がピタリとなくなりました。
もうチョコレートも、お米も
私の中の辞書から完全に消去された爽快感がありました。
何だか頭の冴えが全然違います。
これまで数年、何をしても取れなかった、
頭の周りを覆っていた靄がパーッと晴れ渡り、
軽い
のです。

又、食欲の湧き方が以前と全く違うことに
気付きました。
これまでの空腹感は本当に
自分の中に眠っている龍を起こすかのような
恐ろしさを秘めていました。
統制出来ない程の暴れ方をする空腹感で、
「もうお腹が減ってここから一歩も動けない!!!」
と体も連動して動いてくれなかったのです。

でもそんなタチの悪い空腹感ではなくて、
「お腹減ってるけど、あと2駅分位歩いても、全然大丈夫♪」
と言う爽快感を伴った空腹感であり、
同時に体も底力がついてきたことを実感
しました。

空腹感が1日の内、
そんなに感じなくなり、
食事回数も徐々に減り2〜3回になりました。

目ヂカラも出てきました。
目ヂカラとは、メイクや自信で作るものだと思っていたのに
鏡を見ると目がグッと生命力がある感じです。
でも、強さだけではなく、
穏やかさもたたえていて、
笑ってなくても目が笑っている目になっていました。

この頃から、やっと
フルーツが心から美味しいと感じるようになりました。
空腹を感じると、
まずフルーツが頭に浮かぶようになりました。
豊富な水分が口の中に広がるのを想像すると、
例えパン屋さんから焼きたてのパンの香りがしても、
テレビの中の綺麗なスイーツを見ても、
何も感じなくなってきました。

そうなってしまえば
残りの日々はあっという間に過ぎて
瞬く間に1週間は終わりました。

1週間を終えて、
気分のムラが全くなくなったことは勿論、
肌の透明感
体重の変化も顕著に自覚が出てきました。

油分は一切摂っていないのに、
肌が少し脂っぽくなってきました。
乾燥肌用のコスメをずっと使ってきたのに、
クリームなんて要らない程
ツヤツヤしています。

私は旦那程、外見に変化が見られなかったので
これまで、余りにも誰にも何も言われず、
自分自身も変化をイマイチ感じられなかったので、
モチベーションが下がることもありましたが、
この実験以降、周囲からぞくぞくと
「ホンマに元気やね〜!」
「幸せそう!」
と言われるようになりました。

自分が一番望んでいた、精神の安定
感じるようになり、
自分でも本当にブレなくなったと感じます。
以前まで一喜一憂していたことが
取るに足らないことに感じるようになりました。

声もお腹から出てくるようになり、
目がランランとして
生きることに前向きになったな、と思います。

この実験以降、
フルーツは完全に私の「主食」になりました。
勿論、野菜だって食べたくなる時もあるので
しっかりと食べています。

野菜も以前とは違う味に感じられるようになりました。
まるで“一般食”のおかずのように、
野菜それぞれの味を楽しんで
お腹いっぱい食べています。
野菜の水分と繊維で、程好い満足感で食事を終えます。
それは以前のようなズッシリした満腹感ではなく
非常にライトな満腹感ですが
「何か物足りない・・・」と
思うこともありません。

時折、ALL FREE DAYの後や
よそでご馳走になった後など、
避けられない糖を摂った時は
少量でも2〜3日は偏頭痛が続きます。
気分のブレも以前程ではないにせよ、
起こります。

「こんなに違うの〜?」と
苦しみながら改めて
「こんな食事を以前は自ずから望んでしていたなんて・・・
中毒って恐ろしいな〜」
と驚くばかりです。

こうして痛い目に遭うと、
恐いし、しんどいし、で
もうフルーツ様々!になってしまいました。
そうなると、比例してロー率は上がります。

私の場合、ちょっと過激なやり方ではありますが
効果あり!と胸を張って言えるようになりました。

ナチュラル・ハイジーンを始めたけど
「背中から羽根が生えた程軽い感覚」
「朝から子供のように元気に動き回っている」
ような感覚にまだなれないと感じている方や、
食べ過ぎちゃう、物足りないと感じている方、
望んだ結果がなかなか感じられない方は、
糖質に鍵があるのかも知れません。
再度見直してみては如何でしょうか?

ロー率を上げる最大の要因は
「生のものを何でも良いから多く食べれるようになる」
ことではなく、ひとえに、
「生の食べ物から脳の唯一の栄養素であるグルコースを効率良く摂取する」
ことであると私は感じました。

人によって不足している栄養素は違うものですが
身体の司令塔である脳が健康になれば、
自分の体に相応しい栄養素を自然に
他の食物から選び出してくれ、
ロー率も上がって、
自分の心身の健康を確保してくれるようになると思います。

最近グスコー出版私版の
「ナチュラル・ハイジーンQ&Aブック」に
“厳密に言うと、ナチュラル・ハイジーンでは、
これら(穀物)をすすめてはいないのです。“(p.127)
と書かれてあるのを見て
あんなに悩んだ時間を返してくれぃ!と
ひっくり返りそうになりました^−^;


〜やっと終わり!お付き合いありがとうございました★〜


日本ブログ村に参加しています。
ナチュハイやローの情報満載です♪
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
posted by Ringosta at 21:28| Comment(18) | TrackBack(0) | ナチュハイ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ringostaさん、こんばんはー!

すごい。研究と努力の賜物で、低血糖を克服されて健康に元気になられたんですね。感動的なお話でした。

わたしもどうにかしなきゃと焦りはあるのですが、自分を甘やかしていたらだめですね。甘いお菓子は欲しないのですが、ご飯やパンが食べたくなります・・・。低血糖らしき症状プラス、持病と食物アレルギーがあり、それぞれ改善へのアプローチが異なるので、一筋縄ではいかないのですが、試行錯誤していきたいです!

とても刺激になりました。素敵な記事、ありがとうございました!
Posted by まい at 2009年08月11日 23:07
まいさん^−^!

こんばんは〜!
執念の記事を書き終えて、やれやれ〜!です^−^これでホント身も心も軽々です。
長くお付き合いくださり感謝でいっぱいです!
読んでくださって本当にありがとうございます!!!

まいさんもアレルギーがおありなんですね。
私も・・・ナッツとか油分がもう全くだめでして(汗)オリーブオイルとかもダメで、
湿疹が全身にぶわ〜っと出ちゃうので
うっかり外食して何回もタクシーで病院に通ってます;_;
アレルギーだけは、仕方ないのでここまでは
研究しないで諦めてますが(笑)

欲されるご飯やパンは、
種類などは問わない、って感じですか?
特定の、「これ!」って言うのを欲しますか?
(例えば○○の何パンが欲しいとか、
白米じゃなきゃ嫌!とか)
未精製でも構わないって感じですか?
炭水化物に何を添えて食べたいのですか?

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
じゃないですけど、
正体を突き止めれたらしめたもの!です。
まいさんのご健康をお祈りしてますね★

いつもありがとうございます〜!
Posted by Ringosta at 2009年08月12日 01:23
こんにちは!
続編楽しみに待っていました。
フルーツのチカラは偉大ですね。
私が今回の記事で特に気になったのはお肌のことです。

私はフルーツだけを食べ続けることは未体験で、毎日のローフードの比率は野菜の方がずっと多いです。
ほぼロー100パーセントにしたことによる精神的な安定はとても強く感じますが、実は、お肌の変化はあまり実感が無いんです。良くなったり、やや悪化したり、を繰り返しています。

今の私は、仕事や人間関係のストレスとは無縁の生活なので、お肌の調子は食べ物によるところが一番大きいと思うんですよね。

ナッツはあまり食べないし、油脂分の摂取も適量だし、野菜はたっぷり食べている・・・

Ringostaさんの変化を読んで、私がここから肌質改善するにはフルーツがキーになるかもしれないと思い、フルーツをメインにした食事をすぐに始めてみたくなりました。
透明感のあるお肌、常に安定した美肌を目指して、フルーツ主食の生活、試してみます!
Posted by Asami at 2009年08月12日 10:30
はじめまして。
こんなに続きが楽しみになったブログはないってくらい待っていました!
実体験というのはものすごく説得力がありますね〜。考えて実行して結果を出す!本当に素晴らしいです。
低血糖という言葉は知っていたし、自分自身も症状は出ていたのにまったくスルーしてました。炭水化物も白砂糖も全然やめられず食べるとどんどん欲しくなってしまって・・・「麻薬」と言われるのが本当に本当によくわかります。

最近は果物もあまりよくないのかな〜と思うところがあり控えめにして野菜を食べていました。それに果物を食べるとお腹がはったりしていたんです(本を読み直したんですが糖代謝がうまくいってない証拠なのですね)
生米も生玄米ヨーグルトもダメだったし、もうお手上げかと思っていました。
人それぞれとは思いますが、私ももう一度フルーツを見直したいと思います。

それにしてもフルーツを食べている姿ってすごくきれいですよね。
これからも楽しみにしています♪

Posted by 紅雄 at 2009年08月12日 15:49
こんにちは!
とても刺激的な体験談、ありがとうございます!
ワタシも加熱した炭水化物をなかなかやめられないうちの一人だったのですが、最近、なんとか遠のくようになり、かなりロー率が上がってきています。
加熱した炭水化物を食べている時ほど、ひもじさは増す。ますますそう思うようになりました。
お付き合いで、どうしても食べなくちゃいけないときとか・・・また、抜け出せなくなったらどうしよう。。なんて、まだ少しおびえていたりもします。
でも、いつかは、付き合いで食べたからと言ってまた炭水化物中毒に元通り。なんて、ことは起こらない人になっていくのではないかと、思っています。

また、さらなる体験談、楽しみにしていますね!


Posted by yoccico at 2009年08月12日 17:52
分子栄養学での低血糖症の治療への疑問点とローフードへの応用、分かりやすくきれいにそまとめてくれて有難うございます!
貴重な体験談までも^^
私も食べ方や食べ物を変えて様子を見てみようと思いながらも日々誘惑に負けてしまってがっくりきてしまいます^^;
私も頑張って実験してみたいと思います。
有難うございました^^

Posted by marron at 2009年08月12日 21:01
はじめまして!とてもすばらしい記事でした!
Ringostaさんはフルーツタリアンになられたんですね。私はまだLow率50%くらいなのですが生フルーツが大好きです!もっとたくさん果物食べてもいいんだとわかり嬉しくなりました。
歯茎など支障が出る方もいるみたいですが、どうですか?
あと私はRingostaさんと同じくらいの体重なのですが生理がないのです…。どうしてでしょうか。
いろいろ聞いてスミマセン><
こちらで紹介されていたハイジーア通信の美肌と栄養という項もとても興味深いことが書いてありました。栄養の偏りって全ての病気の元凶なんですね。
これからも楽しみにしています^^
Posted by みにゅ at 2009年08月12日 21:02
こんばんわ。
低血糖症について、読み応えのある記事でした。
わかりやすく書いてくださって、ありがとうございます。
生食意識しだしてから2ヶ月、
以前より減ったとはいえ、気分の斑があります。
もしや、低血糖?と疑ってみます。

あと、生活面では改善がかなり見られたのですが
(断酒できた、睡眠時間が減った、思考が冴えてきた、など)、
外見の変化が今のところ現れていません。
目ヂカラが出てきた、って素敵です。
Ringostaさんのように、ストイックにフルーツだけの生活をしてみたくなりました。
でも、家族の食事...とか言い訳を考えているうちは、
まだまだ弱いですね。
近く実行できるよう、Ringostaさんのblogを読んで、志気を鼓舞します。

今後も楽しみにしています。


Posted by moor at 2009年08月12日 23:31
Ringostaさん、はじめまして。

今回の一連の記事、大変参考になりました!

私はマクロビオティックな生活をを3年半ぐらいやった後、今年の2月からナチュラルハイジーンに移行しました。

マクロビオティックをやっていた(やろうとしていた)期間の後半は、炭水化物(主に玄米)の過食で下肢がむくみ、油脂の取りすぎで両脚のすねから甲にかけてアトピーのような皮膚疾患に悩まされていました。

何かが間違っていると色々模索してナチュラルハイジーンにたどり着き、皮膚疾患は完治し、むくみも改善はしてきました。でも、炭水化物が大好きなので、サラダの後に、玄米ごはんや全粒粉のパンを暴食してしまうことも多々あり、そうすると、とたんに下肢がむくむのです。

このむくみを完全に取りたいし、「背中から羽根が生えた程軽い感覚」、「朝から子供のように元気に動き回っている」を私も一度でもいいから体験したいと思ってロー率を上げようと決意するのですが、炭水化物の誘惑にいつも負けていました。

Ringostaさんの考察と詳細な実体験レポートを読んで、モチベーションが一気に上がりました。ありがとう!

ユーモアや温かさが感じられる文章の中に、貴重な情報を的確に盛り込んでいるRingostaさんのブログのファンです。これからも更新を楽しみにしています。
Posted by Starch Lover at 2009年08月13日 09:21
Asamiさん^−^

おはようございます!

>続編楽しみに待っていました。

ありがとうございます!

>私が今回の記事で特に気になったのはお肌のことです。
>私はフルーツだけを食べ続けることは未体験で、毎日のローフードの比率は野菜の方がずっと多いです。
>ほぼロー100パーセントにしたことによる精神的な安定はとても強く感じますが、実は、お肌の変化はあまり実感が無いんです。良くなったり、やや悪化したり、を繰り返しています。
>ナッツはあまり食べないし、油脂分の摂取も適量だし、野菜はたっぷり食べている・・・

Asamiさんは、もう精神的な安定を強く感じられているのですね!
ロー100%だからでしょうね^−^★
ホントにローの力は凄いですよね!
でも、精神的な安定はあっても、
お肌があんまり・・・と言うのはあまり聞いたことがなかったので驚きました。
そんなケースもあるんですね。勉強になります。
野菜類はいつも同じもの、という訳ではないですよね?
良くなったり、悪くなったり・・・との繰り返しだそうですが、まだ解毒途中なのかも知れませんね?
でもお肌に必要なビタミン類はフルーツの方が
野菜より豊富と言えば豊富です。
私はタバコを吸っているから自然とビタミンの多いフルーツに惹かれているのかも知れません。
ホントに、私は元から肌トラブルがない強い肌で
、肌に関して悩んだことがなく、余り詳しくないのですが、フルーツを沢山摂るようになって
肌の水分量が倍近く上がって
化粧品カウンターで何も勧められないどころか
逆に何を使っているのか聞かれましたよ^−^!
(こんな真夏なのに、水分量が上がるなんて自分でもびっくりです!)
以前化粧水パックをほぼ毎日していたのに
フルーツを食べた方が近道でした。
あ、旦那も10歳も若く見られるツヤツヤ肌になってきましたよ(男は若く見られるのは嫌みたいですが)。
是非フルーツを心持、多めに召し上がって
お肌の調子を比べてみてくださいね!

>透明感のあるお肌、常に安定した美肌を目指して

女の憧れですよね!
私も松田麻美子さんのようなピカピカ肌に
憧れます★
安定した美肌、って言うのも凄く憧れですよね!
私も目指しま〜す!
一緒に目標達成しましょうね★

Asamiさん、いつもありがとうございます^−^
Posted by Ringosta at 2009年08月14日 11:29
紅雄さん

はじめまして!コメント頂きありがとうございます^−^

>こんなに続きが楽しみになったブログはないってくらい待っていました!

きゃ〜恐縮です(*>_<*)!
ありがとうございます;_;

>実体験というのはものすごく説得力がありますね〜。考えて実行して結果を出す!本当に素晴らしいです。

本当にありがとうございますT_T
実は実体験だけに、書き起こしている間、
思い出して気分が悪くなって、書くのを止めて、また書いて思い出して止めて・・・の繰り返しでした^_^;
ちょっと辛かったのですが、どうしても書きたい内容だったので頑張って書いていたのですが
愉しみにして頂いていた方がいらして
本当に本当に!!!嬉しかったです;_;
救われました〜!紅雄さん、ありがとうございます★
ストイックな性格も褒めて頂き、更に感謝感激です!重ね重ねありがとうございます!!!


>炭水化物も白砂糖も全然やめられず食べるとどんどん欲しくなってしまって・・・「麻薬」と言われるのが本当に本当によくわかります。

ホント、「麻薬」ですよね〜!
私が聞いた話だと麻薬(大麻)はただただハイになって、ピースな気分になるだけで
脳への影響や社会的な損害にはならないとのこと・・・
葉っぱを燃やして煙を吸うと言うことでは
タバコと似てるのかな?

でもコカインや阿片は脳への影響や
社会的損害が著しく、百害あって一利なし!と
言えます。
コカインも阿片も、砂糖と同じく原材料は植物性なんですけど、液体を抽出して結晶を作り粉末にする過程を辿ります。
原材料が何であれ、加工が加われば加わる程
心身への悪影響が伺える、と言う点では
砂糖がまだ日常的に使われているのが
如何に恐ろしいことなのかを知ることが出来ますよね。

日本は昔に比べてタバコに関する意識が厳しくなりましたよね。
それ以上に、砂糖に対してもっともっと「砂糖=阿片」と言う意識を
多くの人が強く
持っていかなければ危ないと思っています。

廃人は嫌でしょうし!それ位の危機感が必要かと。

>最近は果物もあまりよくないのかな〜と思うところがあり控えめにして野菜を食べていました。
それに果物を食べるとお腹がはったりしていたんです(本を読み直したんですが糖代謝がうまくいってない証拠なのですね)

良く、フルーツは誤解を受けるようですね。
糖だからカルシウムやビタミンBを奪うとか
血糖値を上げるから摂ってはいけないとか
太るから食べるなとか・・・
旦那もナチュハイを始めた当初は
フルーツ=太ると思って食べなかったんです、グレフル位しか。
でも説得して食べさすようにしたら
ググッと体重が減りましたし
最近はフルーツを主食にし出して、便通が良くなってきたみたいです。
確かに、糖分が高いフルーツもあり(バナナとかドライフルーツとかマンゴーとか)、私も
ん?と症状を少し感じる時もあります。
(それでもよそで呼ばれたおかずより出方は全然マシです)
フルーツの中でも、自分に合う、合わないを
見つけるとかレタスやキュウリを混ぜて
血糖値を緩やかに保つ方法もありますので
試行錯誤してフルーツを摂っていきたいな、と
思ってます(恩恵の方が大きいですからね!)。
お腹が張る=糖代謝が上手くいっていない、なんて紅雄さん、良くお調べになられたんですね〜!
素晴らしい!私も今回コメントを頂いて
調べてトリビア頂きました。
そういや私も食べ始めの時、お腹が張って
ちょっと便秘になってそれから一気にガツ〜ンと
お通じも代謝も良くなったかも・・・!
参考になります!ありがとうございます。
そこまでご自分のこと観察されて、
ご自分を大切にされてるんだな〜って
凄く感化されました。ホント素晴らしいです!

>生米も生玄米ヨーグルトもダメだったし、もうお手上げかと思っていました。
人それぞれとは思いますが、私ももう一度フルーツを見直したいと思います。

私もです〜!生米も生玄米もダメでした・・・
キヌアもダメでした・・・
まさしくお手上げ!
あの絶望感ったらないですよね・・・(中毒者?)
そう、人それぞれなんですけど、
紅雄さんもされていたように、
「自分を観察する」ことで自分の一番のかかりつけ医師にも栄養士にもなれると思います^−^
”自分はどうなのか?”これ、大事ですよね。

>フルーツを食べている姿ってすごくきれいですよね。

この紅雄さんの言葉、とても心に残りました。
キレイ・・・か!
そうですよね!!!ホントに!
紅雄さんの感性、素敵です★

>これからも楽しみにしています♪

ありがとうございます^−^!
私も紅雄さんのご来訪を心待ちにしていますね。
本当にありがとうございます^−^♪
Posted by at 2009年08月14日 12:15
yoccicoさん

こんにちは!
コメント頂きありがとうございます!
いつもブログ読ませて頂いています^−^

>とても刺激的な体験談、ありがとうございます!

刺激的でしたでしょうか〜?
良かった・・・;_;
シリアス過ぎてどうかしらんと思っていたので・・・嬉しいです。ありがとうございます!

>ワタシも加熱した炭水化物をなかなかやめられないうちの一人だったのですが、最近、なんとか遠のくようになり、かなりロー率が上がってきています。
加熱した炭水化物を食べている時ほど、ひもじさは増す。ますますそう思うようになりました。

お〜!yoccicoさんもそう思っておられました???
ロー率を上げる要因=加熱炭水化物から遠のく、を実感されている方に逢えて光栄です★
やっぱりロー率、上がりますよね^−^!

>お付き合いで、どうしても食べなくちゃいけないときとか・・・また、抜け出せなくなったらどうしよう。。なんて、まだ少しおびえていたりもします。
でも、いつかは、付き合いで食べたからと言ってまた炭水化物中毒に元通り。なんて、ことは起こらない人になっていくのではないかと、思っています。

私もです・・・
人と一緒だと仕方ない時も出てきますしね〜;_;
でもそういう時間や絆があってこその人生なので
私も神経質になり過ぎないようにはしています。
それでもこの間、「佃煮炊いたんよ〜!」と
頂いて、山椒だったのでその場で頂いたんですけど水飴か砂糖かわかりませんが、
カウンターパンチを喰らい、1日頭がキンキン痛かったです;_;
フルーツで頑張って治しましたが^−^;
ケーキじゃなくて良かったと感謝しました(笑)

そうですよ、毎日をローして、それを長く続けたら
きっとそんなのも屁でもなくなって
人との絆や時間に全集中出来る様になれると
私も信じてます!
yoccicoさん、一緒に乗り切りましょう!
私達なら大丈夫ですよ^−^★

>また、さらなる体験談、楽しみにしていますね!

ありがとうございます^−^
私もyoccicoさんのブログ楽しみにしてますね★
またいつでも遊びに来てくださいね!
楽しみにお待ちしています。
Posted by Ringosta at 2009年08月14日 12:32
marronさん^−^

こんにちは〜!コメントありがとうございます^−^

>分子栄養学での低血糖症の治療への疑問点とローフードへの応用、分かりやすくきれいにまとめてくれて有難うございます!
貴重な体験談までも^^

恐縮です!
体験談も、自分のことなので旦那程面白いライトタッチに書けなくて
重いかな〜・・・と心配していたのですが
お役に立てて本当に良かった;_;!!!
ありがとうございます★

>私も食べ方や食べ物を変えて様子を見てみようと思いながらも日々誘惑に負けてしまってがっくりきてしまいます^^;
私も頑張って実験してみたいと思います。

余りご自分を責めないで下さいね〜!
ストレスは大敵ですから>_<

症状も健康状態も人それぞれですし、
私みたいに切羽詰った状況でなく
炭水化物を摂っても平気で健康であれば、
そのままが一番♪ですよ!

またいつでも遊びにいらしてくださいね!
心待ちにしております★
いつも良い刺激を頂き感謝します。
ありがとうございます!
Posted by Ringosta at 2009年08月14日 12:45
ringostaさま、遂に完結編ですね!
お疲れさまでした!

ringostaさまって、
とってもとっても深く考える方なのですね。
素晴らしいなぁ、素晴らしいなぁ。

ringostaさまの記事を読んでいると
やはり、果物って本当に良いものだなぁと感じました。

人間は果物の木に利用されていますね。
果物の木を繁栄させるために、
おいしい果物をもらえるのですね。
視覚と味覚に訴えてくる本能をくすぐる食べ物ですね。
生き物を殺さなくてもすむし、
野菜みたいに葉っぱをちぎって怪我をさせなくてもすむし。
今の果物の作られかたは、
かなり果物達にとって悲しいことですが。。。
農薬を使わなくても
いくらでも日本でなる果物の木はたくさんありますものね。
人間の知恵で、穀物達という素晴らしい植物を
食べれる様にしたことも、とっても素晴らしいことですけれどね!
でも本当は、果物こそ人間の主食なのだと思います^^
たくさんの果物と、お野菜で、本当は良いのでしょうね。

素晴らしく、人間達にとてもやさしい果物達の木々が
もっと大事に大事にされるように、
願ってやみません。

わたしも、もっといろいろな人や動物が果物を食べられる様に
果物の木をたくさん植えたいと思います。

果物って、人間にとってやさしくって幸せな食べ物ですね^^
ringostaさまの記事を読んで、
果物の良さをますます、感じてしまいました!
ringostaさま、ありがとうございます!

素晴らしい記事を本当にありがとうございました^^
(前回のコメント、山鳩に捧げる。。。なんて、う、うれしい。。。)
Posted by 山鳩 at 2009年08月14日 21:55
みにゅさん

はじめまして!
コメント頂きありがとうございました★
とっても嬉しかったです^−^

>Ringostaさんはフルーツタリアンになられたんですね。私はまだLow率50%くらいなのですが生フルーツが大好きです!もっとたくさん果物食べてもいいんだとわかり嬉しくなりました。

私フルーツ苦手だったんですよ!
生野菜は大好きでしたがフルーツは・・・だったのです。
だからこれまで全然食べなかったのを取り返しているのではないか?
と言うのと、
これまでお菓子をご飯代わりにしていた時期も
長かったりちゃんとしたご飯を作ってもおかずの味付けが甘かったりと、
かなり糖分に中毒していたので
中毒離れや、これまでの誤った食事での
デトックスを兼ねて今は
自然とフルーツに手が伸びているのだと
自分では解釈しています。

生野菜も大好きなのでいつかは50%(フルーツ):50%(生野菜)位にしたいのですが・・・今は野菜は2日に1回位の割合で食べてます。

みにゅさんは
ロー率50%とのことですが
元々フルーツ大好きであれば、
かなりお体が健康なのではないかと
想像しております^−^
羨ましいです〜!

>歯茎など支障が出る方もいるみたいですが、どうですか?

私は全然問題なし!ですよ!
元々歯がすっごい丈夫で、生まれて此の方虫歯や歯周病になったことがありません^−^V!
硬いものが好きで
これまで生野菜やリンゴを好んで
シャクシャク食べていたのと
歯磨きが趣味だったのが
良かったんだと自分では思います。
この食事にしてからも問題は全くないです。
フルーツばかりで噛み足りない・・・と思う時に
野菜を食べているからかな?
悩んだことがないので余り考えたことがないのですが、みにゅさんからコメントを頂いてから
色々調べましたら、
ナチュハイを厳密にやっていても、
歯の心配をされたり、実際に歯茎の痛みや歯痛・虫歯で悩む方も多いそうで
松田麻美子さんもナチュハイを始めて12年しても
歯の悩みがあったそうです。(あれだけ徹底的にしてもです)
その原因は
・母親が妊娠前・妊娠中・授乳中に行なっていた 食生活
・母乳育児か人工ミルク育児で育ったかの違い
・本人のナチュハイ以前の食習慣
・睡眠や運動、日光に当たる、ストレスマネージ メントが充分に行なわれていない
などの要因があるそうです。
特に母親や両親の食習慣はかなり影響するとのことです。
また、フルーツや野菜などはアルカリ性ですが
炭水化物や加熱食品、動物性たんぱく質などは
酸性です。
体はいつもPHバランスを保つ為、酸性のものが体内に入ってきた時、中和する為に
骨や歯からカルシウムを引き出してしまうそうです。

ですので、フルーツを沢山食べても
他の食事が酸性であったり、ご両親の食習慣や以前の食習慣の影響で歯や歯茎に影響が出てくるかも知れません。
でもそれはフルーツのせいじゃないとのことです。

>あと私はRingostaさんと同じくらいの体重なのですが生理がないのです…。どうしてでしょうか。
いろいろ聞いてスミマセン><

いえいえ^−^!どんどん聞いて下さい^−^
嬉しいです★
ナチュハイでは生理が止まっても
健康であれば排卵は続き、
妊娠可能だと言われています。
みにゅさんはナチュハイを始めて今の体重になられたのか以前からこの体重であったのか。
またナチュハイを始めて生理が止まったのか
ナチュハイ以前からなかったのかによって
答えが変わってくると思うのですが
いかがでしょうか?

もしナチュハイ以前は生理がきていて、
ナチュハイに変えてから
生理が止まったのならば、健康になった証拠だと
思います。
生理が女性にとって一番の解毒方法だからだそうですので・・・解毒するものがないと言うことでしょう。

出血をしているから生理、と言うことではなく
排卵があるから生理、と言うことだと
思いますので
排卵が来ているかを確かめる為に
基礎体温をつけてみられては如何でしょうか?
1ヶ月のうち、高体温と低体温の変化が顕著に
みられるのであれば、排卵はある=正常な体であると言えると思いますので・・・

でも女性で出血がない排卵が健康な生理だ、と
言われてもちょっと心配になってしまうのは
私も凄くわかります。
私自身昔生理が止まってしまったことがあるのですが(それは不健康のせいで)、
凄く不安でしたし、何より性欲がなくなってしまった(と言うか男の人と恋愛する興味が以前より少なくなってしまった)のが
とてもつまらなかったです。
その気持ちは生理が来てから戻りましたが
もしこれから生理が止まることがあったとしたら
性欲があるかないかが、
自分の中では排卵があるかないか(女として健康な止血の状態なのか、不健康な止血の状態なのか)をはかるバロメーターになると思っています。
みにゅさんはその辺の変化は生理がない状態になってから何かみられましたか?

>こちらで紹介されていたハイジーア通信の美肌と栄養という項もとても興味深いことが書いてありました。栄養の偏りって全ての病気の元凶なんですね。

みにゅさんのコメントを頂いてから
私もナッツ類は食べれないにしても
種子類を食べれるようになれば
もっともっと健康的になれるかも知れない!
と感化され、
先程ひまわりの種を少し食べてみました^−^
スーパーヘルシー目指して、栄養を自分にとって最高にバランスよく摂れるよう努めていきたく思います。
刺激的なコメントをありがとうございました★^−^★

>これからも楽しみにしています^^

ありがとうございます!
こちらこそみにゅさんのご訪問を心からお待ちしております。
またいつでも遊びに来てくださいね〜!
Posted by Ringosta at 2009年08月15日 14:39
moorさん^−^!

こんにちは〜!いつもコメント頂きありがとうございます^−^

>低血糖症について、読み応えのある記事でした。
わかりやすく書いてくださって、ありがとうございます。

良かった・・・!
「低血糖症治療=ナチュハイ・ローが最適」
ともっと世の中に広まってほしいですね!
こちらこそいつも良い情報を共有して下さって
心から感謝申し上げます^−^

>生食意識しだしてから2ヶ月、
以前より減ったとはいえ、気分の斑があります。
もしや、低血糖?と疑ってみます。

気分のムラ、本当に辛いものですよね。
外見的に変化することは結構賞賛を浴びるものですが、気分と言うのは内面的なものなので
はっきり言って本人以外にはわかりにくいもの・・・
でも一番本人にとっては源となる部分ですから
健康でブレない状態をどうしても
切望しますよね。
血糖値意識してみてくださいね、是非^−^!
経験者の私が胸を張って申し上げます^−^
moorさんの気分のムラが1日も早くなくなりますように、祈っております。

>あと、生活面では改善がかなり見られたのですが
(断酒できた、睡眠時間が減った、思考が冴えてきた、など)、
外見の変化が今のところ現れていません。
目ヂカラが出てきた、って素敵です。

私も外見的な変化はそんなにないです・・・
でも、目ヂカラとか
他人にとっては小さなことでも
自分にとっては大きな変化だし
何より思考が冴えてきたって言うのは
結構大きくないですか?
生活面の変化も、凄いですね!
断酒できたってかなり凄いことですよ〜!
私はタバコはまだ止めてません・・・^−^;
睡眠時間は減りますよね・・・私もです。
眠るの好きなのでこれは困る変化ですが^−^;
でも、本当に、少しずつでも変化していっているのだと思いますし、いつか
「あれっ?何か雰囲気変わった?」ってなると信じていますのでめげずに励まし合って頑張りましょうmoorさん♪

>Ringostaさんのように、ストイックにフルーツだけの生活をしてみたくなりました。
でも、家族の食事...とか言い訳を考えているうちは、
まだまだ弱いですね。
近く実行できるよう、Ringostaさんのblogを読んで、志気を鼓舞します。

所帯持ちな私でも出来たのですから
大丈夫です!
以前から旦那とは別のメニューを作っていたんですが結構慣れたら、楽ですよ!
フルーツだけ、は極端にしても
ご家族の献立をちょっと生のものを増やして
変化を楽しむ・・・と言うのも
面白いですよ^−^
少しずつ、「楽しんでやる」位で、充分ですよ^−^V
私は極端過ぎます・・・(反省)

>今後も楽しみにしています。

ありがとうございます。
こちらこそ、moorさんのご訪問を心待ちにしています^−^!
またいつでも遊びに来てくださいね〜!
Posted by Ringosta at 2009年08月15日 15:31
Starch Loverさん

はじめまして〜!
コメント頂きありがとうございました^−^

>今回の一連の記事、大変参考になりました!

ありがとうございます!嬉しいです★
励みになります;_;

>私はマクロビオティックな生活をを3年半ぐらいやった後、今年の2月からナチュラルハイジーンに移行しました。
>マクロビオティックをやっていた(やろうとしていた)期間の後半は、炭水化物(主に玄米)の過食で下肢がむくみ、油脂の取りすぎで両脚のすねから甲にかけてアトピーのような皮膚疾患に悩まされていました。
>何かが間違っていると色々模索してナチュラルハイジーンにたどり着き、皮膚疾患は完治し、むくみも改善はしてきました。でも、炭水化物が大好きなので、サラダの後に、玄米ごはんや全粒粉のパンを暴食してしまうことも多々あり、そうすると、とたんに下肢がむくむのです。
>このむくみを完全に取りたいし、「背中から羽根が生えた程軽い感覚」、「朝から子供のように元気に動き回っている」を私も一度でもいいから体験したいと思ってロー率を上げようと決意するのですが、炭水化物の誘惑にいつも負けていました。

うわ〜!Starch Loverさんこそ
凄い体験を持っていらっしゃいますね!
すご〜く勉強になりました。
お名前の通り炭水化物がお好きなようですね^−^
私もむか〜し、マクロビをやってみようと
思っていた時がありました。
お米やらお餅やらオカキやらスイーツまで食べれるからでした。
でも原材料費が高くって!(学生だったので自分一人の為にあんなお金は出せなかった)
しかも、Starch Loverさんと同じく、
少食では済まないのです。
オレンジページのマクロビ特集に載っているような一人分、一食分ではとてもとても足りなくて、
玄米をたらふく食べてしまって、
大好きな生野菜を食べてはいけない感じで
書かれていたので数日で止めました^−^;
浮腫む・・・と言うところまでは経験しませんでしたがあの異常な食欲の湧き方には
困ったので共感致します!
しかし、浮腫みはお辛いですね・・・
塩分の摂り過ぎ(だった)ってことは
疑えませんか?
もしそうでなければ・・・炭水化物のせいかな?
背中から羽根が生えた感覚、憧れますよね〜!
私ももっともっと宇宙まで飛んでみたいです^−^

>Ringostaさんの考察と詳細な実体験レポートを読んで、モチベーションが一気に上がりました。ありがとう!
>ユーモアや温かさが感じられる文章の中に、貴重な情報を的確に盛り込んでいるRingostaさんのブログのファンです。これからも更新を楽しみにしています。

ありがとうございます〜;_;!!!
本当に本当に励みになります!
そしてこれまでの自分の体験も無駄になることがなかったんだとこちらこそ生きる勇気を頂きました。心から感謝致します!!!
これからもつたない文章で
気まぐれ更新のブログですが
Starch Loverさんのような方に読んで頂いているのだと感謝して記事を自分なりに書いていきたく思いますので何卒宜しくお願い申し上げます。

またいつでも遊びにいらしてくださいね!
心待ちにしています。
そしてそして、どうぞお体ご自愛ください★
炭水化物の誘惑に負けそうな時はいつでも
コメントなりメッセージなり下さいね!
心からStarch Loverさんの健康をお祈りしております。
本当にありがとうございました★
Posted by Ringosta at 2009年08月15日 15:54
山鳩さん^−^!!!

こんにちは〜!
コメントありがとうございます^−^
最近多忙でなかなか記事更新・コメントの返信が出来ず、山鳩さんへのメールの返信も出来ず
大変申し訳ありません。
21日頃まで忙しくお待たせしてしまいますが
どうかお許し下さいm(__)m!

>遂に完結編ですね!
お疲れさまでした!

ありがとうございます〜!
やっとお伝え出来ることになり
長々とお付き合い下さった山鳩さんや
皆様には感謝致します。
こちらこそ長々とお付き合いくださりお疲れ様でした!

>ringostaさまって、
とってもとっても深く考える方なのですね。

そうなんです。それを悩んでいたりもしたんですが最近はあんまり気にならなくなりました(良いのか?良いのだ!)

>人間は果物の木に利用されていますね。
果物の木を繁栄させるために、
おいしい果物をもらえるのですね。

山鳩さん、ここ、すご〜く
ピ〜ン★!ときました!!!
ナルホド!
果物の木に利用されている、と言う感覚は
なかったですよね。
美味しいフルーツをもらってばかりだと
思っていました。
そうか、フルーツの木の役にも立っているのですね!
何か嬉しくなりました^−^!
気付きを頂き山鳩さん、ありがとうございます。

>今の果物の作られかたは、
かなり果物達にとって悲しいことですが。。。
農薬を使わなくても
いくらでも日本でなる果物の木はたくさんありますものね。

私もそう思います。
虫や鳥達と取り合いしてやっと食べれるのも
幸せだったりしますよね!
何だろ、モテモテの人を射止めた時位
快感がありますよね。
そういう「食べる」快感だけじゃなくて
「狩猟」本能を満たしてくれて
自然の中から取ってくるのって
色んな意味があるのだろうなって思います。

>人間の知恵で、穀物達という素晴らしい植物を
食べれる様にしたことも、とっても素晴らしいことですけれどね!

そうなんですよね、調理は素晴らしい文明の発達でしたし、社交の場でもあったし
喜びや驚きももたらしてくれるので
炭水化物だけじゃなくて、加熱食品だって、乳製品だって、私は否定する気はないのですよ。

>でも本当は、果物こそ人間の主食なのだと思います^^
たくさんの果物と、お野菜で、本当は良いのでしょうね。
>素晴らしく、人間達にとてもやさしい果物達の木々が
もっと大事に大事にされるように、
願ってやみません。

原点回帰。ナチュハイをやり始めてやっとわかりました。
フルーツを、野菜を、自然を慈しむことで
自分自身をも慈しむことになっていることにも
気付きました。
フルーツのおかげ、ですね!

>わたしも、もっといろいろな人や動物が果物を食べられる様に
果物の木をたくさん植えたいと思います。
果物の良さをますます、感じてしまいました!
ringostaさま、ありがとうございます!

こちらこそ、いつも大きな気付きを
与えてくださるコメントを頂いて
感謝致します^−^!
フルーツの木、沢山植えましょう♪
考えるだけでワクワクしますね!!!

>前回のコメント、山鳩に捧げる。。。なんて、う、うれしい。。。

だって真実ですもの〜!
いつも多くの気付きと喜びを頂いている山鳩さんへの感謝の気持ちを込めて・・・

山鳩さん、いつも本当にありがとうございます★
Posted by Ringosta at 2009年08月15日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。