2009年07月20日

スギナ

「雑草を食べる」という記事を以前書きましたが
今マイ・ブームになっているのが
雑草です。

その中でもスギナに夢中です★

ナチュハイやローを実践している方にも
是非フルーツや野菜だけじゃなくて、
雑草も生で食べる選択肢に
入れて頂ければ、
地球にも体にも優しいナチュラル・ライフを
満喫して頂けるのではないかな〜と
願って止みません。

さてさて、私の一押しのスギナについて
以前紹介した本から
薬効の紹介を抜粋したいと思います。


雑草で元気になる本―食べるレシピ&薬効メモ付き 春から秋まで

雑草で元気になる本―食べるレシピ&薬効メモ付き 春から秋まで

  • 作者: 小崎 順子
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





<薬効>
高血圧・利尿・下痢・便秘・解熱・咳止め・腎臓病・神経痛・リューマチ・ガン性腫瘍・結石・糖尿病など。

”スギナはもともと、
ヨーロッパで薬として用いられてきた雑草です。
江戸時代にオランダから伝わった
薬学書の翻訳本『和蘭薬鏡』のなかにも、
「内外諸部の潰瘍や糖尿病に用いる」とあり、
スギナは古くからガンや糖尿病、肝臓病などに
効くことが分かっていました。
 ドイツのセバスチャン・クナイプ神父(1821〜1897)は
科学的な知識に基づいて
植物療法を始めた人ですが、
このクナイプ療法の中にも
スギナの効果がうたわれ、
「出血、膀胱、腎臓、結石、カリエス、ガン、リューマチに効く」
「悪いものを洗い流し、溶かし、傷んだところを取り除く」
働きがあるとしています。
クナイプ療法は現在、
健康保険の適用も受けられるなど
ドイツではポピュラーな療法になっています。
 オーストラリアの植物学者、
リヒャルト・ヴルフォートも、
スギナをお茶にして長く飲んでいると
ケイ素の働きで細胞が活性化され、
ガンの成長を抑え、
ついにはガン細胞を崩してしまうことを発表しています。

 スギナを粉末にすると、
キラキラ光るものが見えます。
これをケイ酸といい、
素晴らしい働きをしてくれるのですが、
スギナには何とこのケイ酸が3〜16%も
含まれています

 細胞から酸素を奪い、代謝を悪くするものに
水素イオンがありますが、
この水素イオンを捕まえて
身体の外に出してくれるのが、
他ならぬ、
ケイ酸に含まれるケイ素
です。
これで細胞が蘇り、
体の隅々まで血が通い出します。
人が生きていくうえで欠かせない
ナトリウムとカリウムのバランスもとれ、
体はホッとひと息。
 さらに水素イオンを捕まえたケイ素は、
腎臓で水分が再吸収されるのを
防ぐ働きもしますので、
利尿効果が抜群

水分代謝がよくなって
むくみがとれ、腎炎や膀胱炎、肋膜炎を予防し、
肝臓への負担も軽くしてくれます。
 また、鉄の利用を高めて赤血球を増やしたり、
血管の壁にへばりついている
コレステロールを溶かして
血管を広げたり(血圧が下がる)、
骨や血管壁を強化して
骨粗しょう症や虫歯、動脈硬化を防ぎ、
傷の治りを早める効果もあります。

 スギナの有効成分は、まだまだ、
たくさんあります。
サポニンの一種・エキセトニンは喉の粘膜に
優しく働いて咳を鎮めタンを取り除いてくれますし、
天然のステロイド・ベーターシステロールは
かゆみを抑え、
アトピーや皮膚病によく効くと評判です。

 毛細血管を強くするフラボン類や
抗酸化作用のあるフラボノイドも
含んでいますし、
最近ではアルミを体内に溜めない働きも見つかり、
ボケやアルツハイマーにもいい
のではと
期待されています。
 嬉しいことにスギナには
薬の力を高める働きがあるので、
副作用の心配なく、
一般薬を併用できます

 特筆すべきは、
ミネラルの含有量でしょう。
土壌のミネラル分析で有名な
九州の中嶋常充先生の分析によれば、
スギナに含まれるミネラル成分値は
驚異的かつ素晴らしいバランスで
含まれていることが分かっています。
たとえばカルシウムは、ホウレンソウの155倍
そのカルシウムを有効にいかし、
脳にもよい働きを及ぼすマグネシウムや、
生殖ホルモンと味覚を司る亜鉛、
造血作用のある鉄も、
野菜と比べてケタ違いの数値です

 また、スギナには繊維質も
たっぷり含まれていて
便秘を解消、大腸ガンの予防にも
つながります。

       ケイ素   カリウム   カルシウム  マグネシウム  亜鉛
_________________________________________________________________
スギナ(葉)| 4.25% | 3620mg | 1940mg | 300mg | 40.2mg  
_________________________________________________________________
スギナ(根)|    | 1290mg | 390mg | 160mg | 34.9mg
_________________________________________________________________
ホウレンソウ|    | 708mg | 12.5mg | 100.8mg | 6.1mg
_________________________________________________________________
春菊    |    | 654mg | 100.4mg | 23.5mg | 5.2mg
_________________________________________________________________
長ネギ    |    | 206mg | 55.4mg | 13.4mg | 2.7mg
_________________________________________________________________
ゴボウ    |    | 394mg | 127.4mg | 66.2mg | 6.9mg

*中嶋常充氏によるスギナの分析値 
              ”

(p.84〜85)



ツクシが終われば、スギナになります。
実はスギナはツクシの親なんです。
ツクシはスギナの花に当たるんです。

スギナの根茎は地中1mにも伸び
生命力が半端なく、畑や土手や空き地や庭の
あらゆる場所で見かけることが出来ます。
また摘んでも摘んでも、
生えてくるので農家では嫌われ者ですが
食べる者にとっては、
ありがた〜い存在です。

4月から8月にかけて
見かけることが出来ますので、
春から夏にかけては
新鮮なスギナを採取して
生で食べれば、
薬効も素晴らしいのではないか

思います。

私は雑草の中でも
このスギナが生で食べても一番癖がなく、
確かに効果が感じられたので
お気に入りです。

利尿効果があるというのは確かです。
普段フルーツを食べた時のように
ジャージャーと尿が頻繁に出て
浮腫みやすかった体が(特に下半身)
いつもスッキリして、
23インチのデニムでもガバガバです。

細かく刻んで、
サラダに散らすと
見た目も美しく、
ナチュハイを実践していない家族なども
食べてくれます。
そしてみんな、異口同音に
「おしっこがめっちゃ出る〜!」と
トイレに通っています。

造血作用があるというのも
感じました。
生理前、私はいつも浮腫みが酷く
2〜3日程下剤をいくら使っても
便通がなく、
無性にカカオを欲すのですが
前回の生理の時は
生理1週間前に雑草を食べ出したおかげか、
カカオも欲さず、
便通も下剤なしで1回はあり、
浮腫みもなく、
本当にスッと生理がきたのです。
ナチュハイを実践し出して
以前よりPMSは楽になったものの、
それでも一番楽な生理前を過ごせました。
自分でもビックリしました。
これはいつも献血を断れる程
血が薄い私にとって
有難い効果でした。

生で食べる味は
特に味はなく、
誰にでも食べやすいと思うのですが
天日干しした粉末も
抹茶そのもので本当に病みつきになる
美味しさです。

摘んできて水洗いし、1日だけ
天日干しもしくは陰干ししたものを
ミルにかけると
粉末が出来ます。
この方法だと酵素も死滅しないので
秋以降、冬の間もスギナの薬効に
あやかることは出来ますし、
都会に住んでいて綺麗なスギナが
近くにない方などは、
綺麗な野山で摘んできて保存食として
食べることが出来ると思います。

粉末そのものをスプーン1杯飲んでも良し、
青汁のように飲み物に混ぜたり
調理に使うことも出来ます。
ナチュハイやローの方は
スムージーなどに入れるのもオススメです。

生に抵抗がある方
(マクロビオティックを実践している方や雑草のイメージが悪い方など)や、
ご家族や友人に口にして頂きたい時は
古くから伝わる民間療法での
「煎じる」「薬膳酒にする」「乾燥させる」
と言う方法でも
利用出来ますので、
生にこだわらなくても
結構かと思います。

先ほどの粉末を卵焼きやお好み焼きに入れたり
ふりかけにしたり、
パンやうどん、餃子の皮の生地に練り込んだり、と
用途もいっぱいです。

一番手軽で抵抗がない摂り方として、
お茶にする方法があります。
よく健康食品店などでスギナ茶が
高く売られていますが
自作すると、ビックリする位安くつきます。

先ほどの1日干したスギナ、もしくは生のスギナを
2センチほどに切るか、もしくはそのまま、
ティーバッグに一掴み入れて
やかんで数分煮立てるとスギナ茶の
出来上がりです。
出来上がったら、有効成分が
葉に戻らないように、
ティーバッグを取り出して下さい
ね。

急須を使う場合は
スギナ一掴みに対し、
250ccの熱湯を注いで下さい。

お味はお茶にちょっと青臭い味が
混じった感じですが
(分からない人もいます。うちでは来客に出しますが誰も普通のお茶だと思っている)
すぐに慣れて美味しく感じられます。

スギナ酒は
広口のガラス瓶と焼酎を用意し、
洗って1日干したスギナの葉を(生でも乾燥でも構わない)
3センチ位に切って
瓶に3分の1から半分程入れ、
焼酎をひたひたになるまで注ぎます。
1ヶ月位でエキスが出始めるので飲めますが
長く置けば置くほど薬効が高まり、
味もまろやかになるそうです。
量は1日、盃1〜2杯。
糖尿病や高血圧に効きます。

またこの液は外用薬としても
万能
です。
切り傷、かゆみ、ただれ、腫瘍、ぢの止血、アトピーにも。

西洋の薬やサプリメントを使用しなくても
私達の近くに強力な助っ人はいます。

是非是非、昔から人々に愛されたスギナ
ご利用下さいね★


にほんブログ村に参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
posted by Ringosta at 17:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑草を生で食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

雑草を生で食べる

最近、自分でブームになっているのが
「雑草を食べる」ってことなんです。

この食事をして
痛感するようになったのは、
「人間も生物だ」
ということです。

フルーツを食べ、
野菜を食べ、ってしていると
地球に生かされているんだなと思います。

人間が創ったものなど
自然の力には到底敵いません。
フルーツや野菜には
数値では決して表せない栄養が
宿っていると思うのです。

沢山の食品が出回って
一見便利で、豊かな感じもしますが
それによる弊害が拭えない限り、
人間の力で及ぶことなど
底があるのかもしれません。

ちょっとストレスが
溜まった時に
緑の多い所へ休息をとりに出かけました。
美しい大地が
小さな私を寛容に抱き込んで
癒してくれました。
大地に寝そべって甘える私が見たものは
力強く野吹く雑草たちでした。

都会にいると雑草など
除草剤のせいか、
見かけることも珍しく、
あっても排気ガスや犬の散歩で汚れた茶色い色を
しています。

こんなに綺麗な緑だったんだ・・・
真っ直ぐに空に向かって
生きている姿は
何だか、まぶしく、感動すら覚えました


昔、よく友達と野原で遊んだな〜
あの時はいろんな種類の雑草を知っていて
遊びに使ったり、
おやつ代わりにかじったりしてたな〜・・・

そんなことをぼんやり思い出していました。

「!!!!!」

私は慌てて図書館へ向かいました。
良い本に出会い、持ってまた野原へ向かいました。


雑草で元気になる本―食べるレシピ&薬効メモ付き 春から秋まで

雑草で元気になる本―食べるレシピ&薬効メモ付き 春から秋まで

  • 作者: 小崎 順子
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



(この本欲しかったのですがamazonで調べたら絶版になってました。
マーケットプレイスに¥5000程で
出品されていたのですが
出費が痛いな・・・と躊躇していたら、
すぐに買い手が見つかったようで
今は品がない状態なのです。
良い本なのに・・・
また著者もヴェジタリアンの
優しそうな整体士のおばちゃまで
庭に生えた雑草を毎日おかずにしているような
素朴な方でした。
あ〜この本欲しい!)


この本によると
スギナ、ハコベ、アザミ、オオバコ、
ドクダミ、タンポポ、ヨメナ、ノビル、
ヨモギ、カラスノエンドウなど
多くの見たことのある雑草が
食べられるようです。

そして薬効まできちんと書いてあります。
あくまで民間療法での利用法ですが、
それでも、こんなに小さくて目立たない
存在なのに、
大きな実力を秘めていること
がわかりました。

それで思ったのですが、
雑草は何故踏まれても踏まれても
強くどんどん生えてくるのか。
それは、動物や鳥や虫など
地球上の多くの生物が沢山食べれるように、
じゃないか
と。

もし、地球に創造主のような存在がいるなら、
人間がこんなに文明を発達させなくても
完璧な方法で、全ての生物が
生きれるように創造したはずです。

いや、こんな宗教じみた話じゃなくても、
地球という惑星の生態系は
地球が出来た時にパーフェクトな形で以て
存在し得る筈
ではないかと。

人間が菜食主義であろうと
なかろうと、
野菜を栽培出来ても
出来ずとも、
最低、草を食べてさえいれば
生きていけるように
地球の生態系は成り立っているんではないか

思ったのです。

観賞用に、より綺麗な花を、
そして野菜だって
より美味しくて食べやすいものを、
品種改良して
栽培してきたのが人間です。

それら全ては元々は
野にあった草花が初めだと
思うのです。

それなら、雑草は野菜の先祖と言えるかもしれません!
食べて絶対悪い筈がない!

私は本を参考に
雑草を一生懸命摘んでは
口に入れました。

生で食べたいので、
余りにドギツイ味や
硬いもの、棘があるものは
避けましたが
何種類か
「お!これはイケる!」
というものを選んで
サラダにして食卓に並べました。

結論から言うと、
美味しいです・・・(涙)

どれも生命力に溢れていて、瑞々しい。
雑草と言えど
「食べてね!」
と言わんばかりにけなげな可愛らしい姿なのです。

そして、解毒作用がすっごいのです。
さすが野草です。
1週間、ブランチフルーツ、夜雑草サラダにしてみましたが
便通が半端なかったです。
緑でプカプカ!
気持ち良いくらいスルスルストーン!!!です。

肌も白く透明感が出てきて
ツヤツヤです。
生理前だったのですが
雑草の並外れたパワーのおかげで
いつも悩まされるPMSや浮腫み、
食べ過ぎを防いでくれ、
気がつけば生理になっていました。
それも超楽な生理でした。

雑草は侮れません。
たかが雑草、でもれっきとした地球からの贈り物なのだと
今回本当に痛感しました。

それに雑草を採っている時は
自分も自然を享受する一生物として
心が穏やかになり、
同じ草を食べようとしているライバルが
小さな虫であったり
小鳥であったり・・・
でも、腹が立たないんですよ。
「あ〜先に採られちゃった!」
って笑みさえ浮かびます。
今度は虫や鳥達に負けないぞ!って
燃えてきたり。

これが自分で栽培してた畑の野菜だったら
憤慨して
網を張ったり、薬を撒いたりするんでしょうけど
自然のもの、しかも全生物に平等に
与えられた地球の恩恵ですから
恨みっこなし!早い者勝ち!
というピースな感じも、私のお気に入りでもあります。

そして何よりタダ!
雑草の栄養素にも目を見張るほどの
ものがあります。
サプリなんて要らない、生の完全無農薬の食べ物。

ナチュハイが自然の摂理に則った食事法であれば
こんなに身近で、手軽で、ナチュラルな食べ物は
ないと思います。

だから私は今雑草に夢中です☆

都会なので良い雑草採取の出来る場所を
探すのも、楽しみのひとつになって
このナチュハイ生活を更に
楽しめるようになってきました。

私のオススメ雑草は
また後日アップします。

皆さんも雑草を見直してみませんか?


にほんブログ村に参加しています。
お読み下さった方は下のバナーを
お手数ですがクリックして頂けると
ありがたいです。
宜しくお願いします!

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
posted by Ringosta at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑草を生で食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。